山本美術館 > ブログ > お祝い会

お祝い会

2019-10-13

父の中学同級生ご夫婦二組の方々が合同で、両親の金婚お祝い会を開いて下さり、私も招かれて参加しました。

どちらのご夫婦にも、私たち三姉妹は小さい頃から可愛がっていただきお世話になり、当美術館のイベントの際には毎回協力して下さっているので、気心が知れた皆さんです。

魚の養殖業をしていて小料理店を21年営んでいた夫婦のご自宅には、立派な鯛の姿造りをメインに、こちらでは珍しい赤貝や大きな蟹に海老、すり身揚げ、新米のお寿司など、テーブルに乗りきらないほどの豪華な料理が準備してありました。

最初に、父が親友ご夫妻たちから先日の長崎新聞の金婚夫婦の表彰式時の謝辞はどうだったと促され、父も自宅まで関係書類を取りに戻って、謝辞の控えや表彰状を披露しました。謝辞について皆から、「流石、一三さん! 起承転結がしっかりしていて、50年の歩みが良く分かる」等と褒めて貰えて私も気分が良くなり、隣りの勧め上手のおじさんから「食べて!」「呑んで!」と何回も勧められて、ビールやワイン、日本酒と調子良く進み、笑ったり、また時には少し涙ぐんだりしながら昔話に花を咲かせました。

尽きないお話に、良い仲間がたくさんいる両親を誇りに思いました。(N)

 

立派な鯛のお造り